やはり勝負は3連単!~競馬予想~

ハイリターンを求めて2017年も奮闘中です
中央・地方の重賞レースを中心に検証、予想します。

タグ:過去10年間の傾向


トラコミュ<トラコミュ>
京都記念 データ分析
共同通信杯 データ分析
クイーンC データ分析
今週の重賞All in One!


↓応援クリックお願いします。<(_ _)> ↓
 にほんブログ村 競馬ブログ 三連単・三連複へ    人気ブログランキングへ   
共同通信杯
2/12(日) WIN5対象レース 
東京11R 第46回共同通信杯(G3)
3歳オープン 芝1800m

共同通信杯の注目馬

この馬!  人気ブログランキングへ

これから検討を重ねていきますが・・・ この馬で仕方ないんじゃないでしょうか?


JRAのデータ分析では
☆実績馬が中心!
☆前走の条件と着順に注目!
☆キャリア「3~7戦」が好成績
☆遅生まれの馬は割り引き!?

といったレース傾向を挙げています。

PR:楽天競馬
2/29(水) エンプレス杯(JpnⅡ)
楽天競馬で地方競馬を始めよう!



【共同通信杯 過去10年間の1着馬】
1着馬
【共同通信杯 過去10年間の2着馬】
2着馬
【共同通信杯 過去10年間の3着馬】
3着馬
*画像はクリックしてください*

☆人気
人気
上位人気馬が好成績です。特に勝ち馬に関しては90%が上位人気馬で単勝配当も平均で527円ですから人気薄を軸にはしづらい感じ。1人気が特に優秀で【5-2-1-2】と馬券を外したのは2回のみ。平均の出走頭数が約12頭と少ない為、2ケタ人気の激走は1回のみ。
☆3連単配当
3連単
2008年にビックリの配当がでているので平均が高くなっていますが、普段は至って平穏。1人気が絡んだ年は同時に2~4人気の馬も絡むことが多いようであまり高配当は望めそうにありません
☆性別
牝馬は10年間で出走が1頭のみ(最下位)
☆重量
重量
勝率・連対率において57Kの馬がズバ抜けた好走率です。今年はゴールドシップとディープブリタンテが該当。
☆所属
所属
好走率では関西馬が優勢
☆脚質
脚質
差し馬が断然の好成績です。四角の通過順位が2桁の馬は3着止まり。後方からの馬も第4コーナーでは順位を上げておかないと勝ち負けに参加できないようです。

参考:脚質の組み合わせ
脚質-組み合わせ差し馬が好成績なのは間違いありませんが連対馬の組み合わせを見ると10回の内、差し馬同士のワンツーというパターンは2回のみ。前目の馬が残ることも多いようですから軸馬の中に1頭は先行タイプの馬を入れておいた方がいいのかもしれませんね。
☆枠順
枠順
1枠~3枠の馬の好走率が高いようです。8枠の馬も1勝していますが勝ち馬が出ているゲートは11番まで。14番~16番ゲートからは3着以内馬は出ていません。

【東京芝1800m】
芝1800m
 1~2コーナーの間にあるポケットからスタート。2コーナーを斜めに横切り向正面に合流する、コーナー3つの変則的な形となっている。
 前半と中盤が遅い後傾ラップが基本。上がりの競馬になりやすい。上級条件になっても、超スローペースからの瞬発力勝負になることがままある。位置取りは前に越したことはないが、速い上がりを求められるため、先行力だけでは直線で切れ負けする。位置取り問わず、まずは速い脚を使えるかどうかが好走の条件と言えるだろう。
 スローで流れるため、ロスなく乗れる内枠有利の傾向。特に外枠の先行馬は馬群の外々を回らされることが多く、割り引いて考える必要がある。

Point
・位置取り問わず、とにかく速い上がりが必須
・ロスなく乗れる内枠有利

OPクラス実績(勝ち馬実績)
逃げ0.0% 先行33.3% 差し50.0% 追込16.7%
※集計は08.10.11~11.10.16


~特注種牡馬~
[ディープインパクト:5-5-4-16/30]
勝率16.7%、連対率33.3%、複勝率46.7%

[ネオユニヴァース:6-14-3-51/74]
勝率8.1%、連対率27.0%、複勝率31.1%

[フジキセキ:7-8-1-40/56]
勝率12.5%、連対率26.8%、複勝率28.6%

閲覧ありがとうございました♪ 応援、お願いします<(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ  

◎相互リンクは随時募集中です♪
詳細はコチラから♪

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

    2月19日(日)
フェブラリーSまでに儲けよう!!!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

最近、投資競馬という言葉をネットや新聞でよく見かけます。
「いやいや、競馬はギャンブルだから・・・」と思っていませんか?

確かにGⅠレースのように有名で人気のあるレースで勝とうと思ってもなかなか難しいです。。

投資競馬サイトと言われるサイトを"100社"以上試してみた結果、
【 勝てるレース 】で【 キーになる軸馬 】の馬券に賭ければ
負けないことが分かりました!

色々な競馬サイトで勉強させてもらいましたが、本当に儲けられるサイトは数少ないです。

100サイト以上、競馬サイトを検証した私のオススメは・・・

>>無料で【 儲け方 】を教えてくれるのはココ!
>>【 限定20名 】で今なら参加できます!

※募集定員に達したらリンクが切れるのでお早めに。


このサイトを使い始めて半年で『 500万 』以上稼ぎました!

【半年前までは・・・】
(2010年8月~2011年8月)1年間で。
投資額 : 約120万円  
回収額 : 約160万円    +40万円

【最近の実績!】
(2011年9月~2012年1月)半年で!
投資額 : 約30万
回収額 : 約552万     +"522万円"
 

勝てる地方レースで儲けて、メインレースでは好きな馬に賭けて
楽しむのが最近の私のスタイルです!

  >>半年で500万回収の競馬サイトはコチラから

【今週の主なレース】
    2月11日(土)クイーンC(GⅢ)
    2月12日(日)共同通信杯(GⅢ)
    2月12日(日)京都記念(GⅡ)
 
今週も、競馬で儲けましょう!

b350_240



予想の参考にどうぞ!お気に入りブログ新着


トラコミュ地方<トラコミュ>
佐賀記念
地方交流重賞(2012)
今週の重賞All in One!
地方競馬


↓応援クリックお願いします。<(_ _)> ↓
 にほんブログ村 競馬ブログ 三連単・三連複へ    人気ブログランキングへ   

2/8(水) 佐賀記念(JpnⅢ)
4歳以上オープン ダート2000m

実は私、仕事の関係で8年ぐらい佐賀に住んでいたことがあります。競馬場は車で30分ぐらいで行けたんですが、1回も行った事がないんですよね。

佐賀県ははなわの影響でかなり田舎というイメージがあるとあると思いますが、高速から下りた時の私の第一印象が「やたらと広い平野だなぁ・・・」と。

住んでいる人もかなり素朴な感じでしたし、「何もない田舎」なのは間違いないですけど住みやすいところで私は結構好きです^^

久しぶりに行って見ようかな。

それと日曜日にビックリ仰天のニュースが・・・ 落馬負傷した佐藤哲三騎手に変わって武豊JKがエスポワールシチーに乗ることになりました!

昨年はJRAのG1未勝利に終わった武JKですが頑張って欲しいですね。(打倒スマートファルコンファルコン、トランセンドを目指していた佐藤JKの心中は察しますが・・・)

PR:楽天競馬
2/8(水) 佐賀記念(JpnⅢ)
楽天競馬で地方競馬を始めよう!



【JRAからの出走予定馬】
キングトップガン(58・栗東) 
マイネルアワグラス(57・美浦)
メダリアビート(56・栗東)
タカオノボル(55・栗東)
ピイラニハイウェイ(56・栗東)

【佐賀記念 過去10年間の1着馬】
1着馬
【佐賀記念 過去10年間の2着馬】
2着馬
【佐賀記念 過去10年間の3着馬】
3着馬
*画像はクリックしてください*

☆人気
人気
上位人気馬が圧倒的な好成績で人気薄の馬で連対したのは10年間で1頭のみ。1人気馬は【3-3-3-1】と馬券を外さない安心感はありますがイマイチ勝ち切れない印象です。
☆3連単配当
3連単配当
ここ3年間は平穏ですね。3着に人気薄の食い込みを期待するしか無さそうです。
☆性齢
性齢
5歳馬が好成績ですが好走率では4歳馬が優秀です。出走頭数の少ない牝馬は馬券に1度も絡んでいません。
斤量
重量

57-58Kの馬が好成績。つまり重賞勝ちの馬が好走率が高いということになりそうです。

【負担重量】
4歳55キロ、5歳以上56キロ、牝馬2キロ減
2012年2月3日(金)までのG1・Jpn1競走1着馬3キロ増、
G2・Jpn2競走1着馬2キロ増、
G3・Jpn3競走1着馬1キロ増 (2歳時の成績を除く)
☆所属
所属
JRAの関西馬が圧倒的な好成績です。地方所属馬はやや苦戦傾向。

参考:所属の組み合わせ
所属-組合わせ2006年まではなんとか3着に食い込んできた地方馬ですが近年はJRA所属馬に上位を独占されていますね。
☆脚質
脚質
とにかく前の馬ですね。勝ち馬の9割は四角で既に先頭です。マクリ気味に順位を上げている馬も見られますが基本的にテンが早くて持続力のある馬を狙うのが鉄則でしょう。
☆枠順
枠番実績
1-2・8枠が好成績ですが枠よりもテンの速さの方が重要だと思います。
【佐賀ダート2000m】
佐賀競馬場
 先行有利という特性があり、スタート直後の位置取り争いがみどころ。馬場内側の砂が深く走りにくいため、スタミナ消耗を避けるために各馬は内側数メートルの幅を開けて外寄りを走るので、内枠よりも外枠に有利な展開が期待される。。


閲覧ありがとうございました♪ 応援、お願いします<(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ  

◎相互リンクは随時募集中です♪
詳細はコチラから♪

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

    2月19日(日)
フェブラリーSまでに儲けよう!!!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

最近、投資競馬という言葉をネットや新聞でよく見かけます。
「いやいや、競馬はギャンブルだから・・・」と思っていませんか?

確かにGⅠレースのように有名で人気のあるレースで勝とうと思ってもなかなか難しいです。。

投資競馬サイトと言われるサイトを"100社"以上試してみた結果、
【 勝てるレース 】で【 キーになる軸馬 】の馬券に賭ければ
負けないことが分かりました!

色々な競馬サイトで勉強させてもらいましたが、本当に儲けられるサイトは数少ないです。

100サイト以上、競馬サイトを検証した私のオススメは・・・

>>無料で【 儲け方 】を教えてくれるのはココ!
>>【 限定20名 】で今なら参加できます!

※募集定員に達したらリンクが切れるのでお早めに。


このサイトを使い始めて半年で『 500万 』以上稼ぎました!

【半年前までは・・・】
(2010年8月~2011年8月)1年間で。
投資額 : 約120万円  
回収額 : 約160万円    +40万円

【最近の実績!】
(2011年9月~2012年1月)半年で!
投資額 : 約30万
回収額 : 約552万     +"522万円"
 

勝てる地方レースで儲けて、メインレースでは好きな馬に賭けて
楽しむのが最近の私のスタイルです!

  >>半年で500万回収の競馬サイトはコチラから

【今週の主なレース】
    2月11日(土)クイーンC(GⅢ)
    2月12日(日)共同通信杯(GⅢ)
    2月12日(日)京都記念(GⅡ)
 
今週も、競馬で儲けましょう!

b350_240


予想の参考にどうぞ!お気に入りブログ新着



『競馬予想@まとめ馬』なるブログが私のブログの記事・画像・広告までコピーして掲載しています。
当ブログとは一切関係ありませんのでご注意下さい(怒)
やはり勝負は3連単!~競馬日記~ 管理人:斉藤


トラコミュ<トラコミュ>
東京新聞杯 データ分析
きさらぎ賞 データ分析
小倉大賞典 データ分析
今週の重賞All in One!


↓応援クリックお願いします。<(_ _)> ↓
 にほんブログ村 競馬ブログ 三連単・三連複へ    人気ブログランキングへ   
きさらぎ賞
2/5(日) WIN5対象レース
京都11R 第52回きさらぎ賞(G3)
3歳オープン 芝1800m・外回り

きさらぎ賞の注目馬

この馬!人気ブログランキングへ

脚質上本命にするのは微妙ですが、OP特別で勝っているコースですからここなら通用するかも。出走頭数が少ない年は追込もけっこう決まってますし、人気が無ければ▲・☆ぐらいで狙ってみたいですね。


【きさらぎ賞 過去10年間の1着馬の前走・京都実績】
1着馬
【きさらぎ賞 過去10年間の2着馬の前走・京都実績】
2着馬
【きさらぎ賞 過去10年間の3着馬の前走・京都実績】
3着馬
*画像はクリックしてください*

PR:楽天競馬
2/8(水) 佐賀記念(JpnⅢ)
楽天競馬で地方競馬を始めよう!


☆休み明け
休み明け
多いのは叩いて4走目の馬。5走目の馬を合わせると勝ち馬の8割が該当します。2ヶ月以上の間隔を空けて臨んだ馬は4頭いますがその内2頭は朝日杯FSの馬でした。
☆前走からの間隔
前走からの間隔
かなりのバラつきはありますが中3~4週だった馬と7週以上明けた馬が多いようです。1月に1度出走している馬は6割程度。
☆前走:クラス
前走:クラス
前走が重賞だった馬、500万下のレースだった馬が共に1/3ずつを占めています新馬戦からの馬は2頭のみで連対馬は出ていません。
☆前走:レース名
前走:レース名
かなりのばらつきがありますがラジオNIKKEI杯2歳Sが最も多いようです。

参考:前走の組み合わせ
前走の組み合わせ3年連続で福寿草特別(京都2000m)が連対中。(今年はヒストリカル、レッドアーヴィングが該当)こうして見ると重賞からの馬よりも500万クラスからの馬の方がコンスタントに馬券に絡んでいるように見えますね。OP特別からの馬はここ5年間は馬券に絡んでいないようです。
☆前走:距離
前走:距離
2000mだった馬が最も多く半数を占めます。1600・1800・2000m以外では1400mだった馬がただ1頭のみ。極端に差がある距離は割引?
☆前走:人気・着順
前走:人気・着順
さすがに前走は上位人気だった馬が多く、全体の83%を占めます。着順も同様で軸は上位人気+上位着順馬が最適かも。0.6差以上の大敗の馬はさすがに厳しそうで重賞以外でのものなら論外?
☆前走:脚質・上がり順位
前走:脚質・上がり
脚質は前目の馬中団あたりの馬でほぼ五分の成績。上がり順位は3位以内だった馬が3/4弱になります。勝ち馬は1-2位だった馬が多いですね。
☆京都実績
京都実績
全体の63%が京都コースへの出走歴があり、その殆んどが好走実績があります。出走した馬の半数以上が1800mで好走実績がありますから該当する馬は大きなアドバンテージになりそう。

【きさらぎ賞 過去10年間の1着馬の全成績】
1着馬2
【きさらぎ賞 過去10年間の2着馬の全成績】
2着馬2
【きさらぎ賞 過去10年間の3着馬の全成績】
3着馬2
*画像はクリックしてください*

☆勝利数と凡走回数(安定度)
勝利数と安定度
1着馬は2勝馬が7割、2着馬は3勝馬が5割、3着馬は1勝馬が9割という面白い結果に。複勝率100%だった馬が半数以上で1度だけ馬券を外した馬が3割。2回以上馬券を外した馬が4頭いますがその内3頭は重賞・OPでの凡走ですからそれ以外で2回以上凡走している馬は割引が必要かも。
☆勝ち鞍のクラス
勝ち鞍のクラス
1着馬の6割は500万クラスで勝っている馬。重賞・OP特別勝ちの馬は2着馬の6割を占めます。3着馬は下級のレースでの勝しかない馬が9割という面白い結果に。先ほどの勝利数を加味して考えるとOPクラス以上を含む勝利数が多い実績馬(=最も買いやすい馬)が2着に敗れるというオチが多いようにも見えますね(笑)
☆距離実績
距離実績
3着以内馬の7割が1800mでの好走実績がありました。2000mまででも半数以上が該当します。出走経験が1600mまでだった馬はわずかに4頭、距離経験が無い馬は???



閲覧ありがとうございました♪ 応援、お願いします<(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ  

◎相互リンクは随時募集中です♪
詳細はコチラから♪


┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
投資競馬の決定版!! 【ZERO-UMA】

確かなデータ・現場etc...の情報から導き出した激走確実な推奨穴馬を毎週、的確な買い目と共に提供!!競馬を知り尽くしたプロの予想は、他とは違う、選馬眼だということがわかるはず!!


今週の重賞も大混戦!?

◆小倉大賞典(GⅢ)
勝ち馬の選択が難しいローカルハンデ重賞
◆きさらぎ賞(GⅢ)
条件替りで浮上してくる馬は?
◆東京新聞杯(GⅢ)
マイルのツワモノ揃いも波乱決着の多い難解なレース!
▼  ▼  ▼
今週開催全レースの
無料予想情報をお送りします。

(フリーメール登録可)

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘



予想の参考にどうぞ!お気に入りブログ新着


トラコミュ<トラコミュ>
東京新聞杯 データ分析
きさらぎ賞 データ分析
小倉大賞典 データ分析
今週の重賞All in One!


↓応援クリックお願いします。<(_ _)> ↓
 にほんブログ村 競馬ブログ 三連単・三連複へ    人気ブログランキングへ   
小倉大賞典
2/4(土) 小倉11R
第46回小倉大賞典(G3)
4歳以上オープン 芝1800m ハンデ戦

小倉大賞典の注目馬

この馬!人気ブログランキングへ

前走はまさかの・・・でしたがここは当然巻き返し!ハンデも手頃な55Kで落ち着きました。小倉は1戦して2着が1回のみですが、坂の無い京都実績がありますから条件は合いそう。今回もテン乗りがどうかだけ心配ですけど(笑)

【小倉大賞典 過去10年間の1着馬の前走と秋以降の実績】
1着馬2
【小倉大賞典 過去10年間の2着馬の前走と秋以降の実績】
2着馬2
【小倉大賞典 過去10年間の3着馬の前走と秋以降の実績】
3着馬2
*画像はクリックしてください*

PR:楽天競馬
2/8(水) 佐賀記念(JpnⅢ)
楽天競馬で地方競馬を始めよう!


☆休み明け
休み明け
6走目以上の使われ続けている馬が多いようです。叩いて2~3走目で好走というパターンも多くありません。
☆前走からの間隔
前走からの間隔
多いのは中2~3週の間隔でゆとりのある間隔の馬が少ない感じ。この季節ですから空けすぎると絞るのが大変なんでしょうね。
☆前走:クラス
前走:クラス
重賞だった馬が2/3で残りの1/3がOP特別と条件戦。重賞以外ではあまり差はありません。ただし近5年では重賞だった馬の独壇場で条件戦からの馬は1頭も馬券に絡んでいません。
☆前走:レース名
前走:距離
中山金杯がやや多い程度で続くのが京都金杯。この2レース合計でも1/3程度ですから特定するのは???

参考:前走の組み合わせ
前走の組み合わせ前述の通り近年は条件戦からの馬が絡んでいません。東西の金杯のいずれか、又は同時に絡んでいるぐらいの傾向しか・・・ とりあえず年初に1度叩いている馬が多いことだけは確かですが・・・
☆前走:距離
前走:距離
前走1600mだった馬が最も多く、続くのが2000mだった馬。番組の関係でしょうが1800mだった馬は少ないですね。
☆前走からの斤量の増減
斤量の増減
斤量増の馬はやはり苦戦傾向で据え置きが同等の実績。勝ち馬の90%は据え置きか減で唯一の斤量増の馬も0.5K増です。
☆前走:人気・着順
前走:着順・人気
前走で上位人気だった馬、上位着順だった馬は多くありません。レースのクラスにバラツキがあるので仕方ないところですが0.6差以上の大敗を喫している馬が半数を占めます。重賞以外のレースで大きく負けた馬も見られますから判断が難しいところ。巻き返しの要素を充分に検討した上で収拾を決める必要がありそうです。
☆秋以降の実績
秋以降の実績
OP以上で好走していた馬は半数を超える程度。勝ち馬の半数が好走なしの馬ですが着順のみに注目していると痛い目に遭うかもしれませんね(笑)

【小倉大賞典 過去10年間の1着馬の重賞・コース実績】
1着馬3
【小倉大賞典 過去10年間の2着馬の重賞・コース実績】
2着馬3
【小倉大賞典 過去10年間の3着馬の重賞・コース実績】
3着馬3
*画像はクリックしてください*

☆重賞実績
重賞実績
重賞勝ちのあった馬は4割程度ですが3着以内の実績のあった馬は8割ですから重賞経験は重要。距離では1800mか2000mのいずれか、もしくは両方で好走実績のある馬が7割。勝ち馬に関してはどちらも好走している馬が多いようです。見た感じでは重賞の好走回数が多い、キャリア豊富な馬が多いようです。
☆小倉実績
小倉未出走だった馬も多いですが、勝ち馬に関してはこのコースのG3(同レースか北九州記念)を経験している馬が多いですね。


閲覧ありがとうございました♪ 応援、お願いします<(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ  

◎相互リンクは随時募集中です♪
詳細はコチラから♪


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

"信頼度はテレビCMの倍"
驚異のリピーター率89%!クチコミで話題の競馬情報!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

昨年11~12月の調査によると、モノやサービスなどを利用する際に参考にする情報源をテレビ番組、新聞記事、本・雑誌、友人・知人との直接の会話、比較サイトなど18項目から6つを選び、その中からより信頼しているものを3つ挙げてもらい、その割合を調べたところ比較サイトの信頼度は58%という数字が出ています。

なんと"口コミの信頼度はテレビCMの倍"なのです!

満足してもらえる情報の提供しているからこそ、口コミで広がって【 信頼度 】が高いんです。
こういうサイトは安心して利用できるので嬉しいですよね。
最近では競馬ファンじゃなくても副収入のために使っている人も
急増しているみたいです。


 >>口コミで話題の競馬情報はコチラから♪

【今週の主なレース】
2月4日(土) 小倉大賞典(GⅢ)
2月5日(日) 東京新聞杯(GⅢ)
2月5日(日) きさらぎ賞(GⅢ)

 >>一番勝つことのできるのは、"実はこの時期!"
 >>まずは無料でお試し下さい!⇒コチラから

無料で楽しめますので、まずはお試しください。
サポートもしっかりしているので安心です^^
あなたの競馬に対する考え方が変わるはずです!
(登録に必要なのはメールアドレスのみです。)

tl




予想の参考にどうぞ!お気に入りブログ新着



『競馬予想@まとめ馬』なるブログが私のブログの記事・画像・広告までコピーして掲載しています。
当ブログとは一切関係ありませんのでご注意下さい(怒)
やはり勝負は3連単!~競馬日記~ 管理人:斉藤


トラコミュ<トラコミュ>
東京新聞杯 データ分析
きさらぎ賞 データ分析
小倉大賞典 データ分析
今週の重賞All in One!


↓応援クリックお願いします。<(_ _)> ↓
 にほんブログ村 競馬ブログ 三連単・三連複へ    人気ブログランキングへ   
東京新聞杯
2/5(日) WIN5対象レース
東京11R 第62回東京新聞杯(G3)
4歳以上オープン 芝1600m

東京新聞杯の注目馬

京都金杯勝ちのマイネルラクリマ
この馬!人気ブログランキングへ

脚質的にこのコースは疑問なんですがそんなに実績は悪くありません。実際にマイネルラクリマと対戦して先着しています。前走は重め残りでしたし、かなり不利な枠順で好走。相変わらず調子がいいんでしょう。マイルG1となると厳しいのでこの馬にとってはここが本番なのかも


【東京新聞杯 過去10年間の1着馬の前走】
1着馬2
【東京新聞杯 過去10年間の2着馬の前走】
2着馬2
【東京新聞杯 過去10年間の3着馬の前走】
3着馬
*画像はクリックしてください*

PR:楽天競馬
2/8(水) 佐賀記念(JpnⅢ)
楽天競馬で地方競馬を始めよう!


☆休み明け
休み明け
2ヶ月以上の間隔を空けた久々の馬が1/3と多いようです。叩いて2~3走目というパターンは少なくてここをピークに仕上げる陣営は少ない様子。全体的に見れば4~6走目辺りが多く、半数以上を占めます。
☆前走からの間隔
前走からの間隔
間隔的に手頃と思われる中3~5週だった馬が少ないようです。タイトなスケジュールの馬か逆に7週以上空けた馬が好成績と極端な実績に。
☆前走:クラス
前走:クラス
意外にも連対馬では重賞以外だった馬が多いようです。特にOP特別だった馬が多く、見られますが共通しているのはいずれのレースも同じ1600mという点。
☆前走:レース名
前走:レース名
特定できるほど集中しているレースはありません。京都金杯ニューイヤーSがやや多いぐらい。

参考:前走の組み合わせ
前走の組み合わせここ3年間は京都金杯だった馬がいません。重賞だった馬も少ないようです。
☆前走:距離
前走:距離
同じマイルだった馬が圧倒的に多いようです。
☆前走:人気・着順
前走:人気・着順
上位人気だった馬、上位着順だった馬が多いようですが極端な人気薄、着順だった馬が少ないというぐらいの解釈。ただし連対馬に関しては上位着順だった馬が多く、着差を見ても80%が0.3差以内まで。軸向きなのは前走も好走している馬が良さそう。3着馬には大敗した馬や接戦でないぐらいの負け方をしている馬が多く見られます。
☆秋以降の実績
秋以降の実績
特に重賞で好走した馬が多いわけではありません。OP特別で好走実績のある馬が多いぐらい。好走実績の無かった馬も多いようですが実際は馬券になっていなくてもグレードの高いレースなどで差のないレースをしていた馬などがいますからそのあたりのチェックが必要かも。マイルCSに出走していた馬はわずか5頭のみ。

【東京新聞杯 過去10年間の1着馬の重賞・コース実績】
1着馬3
【東京新聞杯 過去10年間の2着馬の重賞・コース実績】
2着馬3
【東京新聞杯 過去10年間の3着馬の重賞・コース実績】
3着馬3
*画像はクリックしてください*

☆重賞実績
重賞実績
重賞の勝ち馬だった馬はそれほど多くありませんが、好走実績のある馬は83%を占めます。好走実績の無い馬や未出走だった馬はわずか5頭ですからここは最低限のライン。勝ち馬のに関しては7割がマイルG1に出走歴があり、4割が好走。3着以内馬の2/3はマイル重賞に出走経験があり、恥ずかしくない程度の好走をしています。
☆東京コース実績
東京コース実績
重賞で好走実績のある馬が半数を占めます。東京コースでの好走歴の無い馬はわずか5頭、初出走だった馬はゼロ。1600mに関しては連対馬の半数以上がOPクラス以上のレースで好走実績がありました。



閲覧ありがとうございました♪ 応援、お願いします<(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ  

◎相互リンクは随時募集中です♪
詳細はコチラから♪

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

"信頼度はテレビCMの倍"
驚異のリピーター率89%!クチコミで話題の競馬情報!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

昨年11~12月の調査によると、モノやサービスなどを利用する際に参考にする情報源をテレビ番組、新聞記事、本・雑誌、友人・知人との直接の会話、比較サイトなど18項目から6つを選び、その中からより信頼しているものを3つ挙げてもらい、その割合を調べたところ比較サイトの信頼度は58%という数字が出ています。

なんと"口コミの信頼度はテレビCMの倍"なのです!

満足してもらえる情報の提供しているからこそ、口コミで広がって【 信頼度 】が高いんです。
こういうサイトは安心して利用できるので嬉しいですよね。
最近では競馬ファンじゃなくても副収入のために使っている人も
急増しているみたいです。


 >>口コミで話題の競馬情報はコチラから♪

【今週の主なレース】
2月4日(土) 小倉大賞典(GⅢ)
2月5日(日) 東京新聞杯(GⅢ)
2月5日(日) きさらぎ賞(GⅢ)

 >>一番勝つことのできるのは、"実はこの時期!"
 >>まずは無料でお試し下さい!⇒コチラから

無料で楽しめますので、まずはお試しください。
サポートもしっかりしているので安心です^^
あなたの競馬に対する考え方が変わるはずです!
(登録に必要なのはメールアドレスのみです。)

tl


予想の参考にどうぞ!お気に入りブログ新着



このページのトップヘ