やはり勝負は3連単!~競馬予想~

ハイリターンを求めて2017年も奮闘中です
中央・地方の重賞レースを中心に検証、予想します。

タグ:宝塚記念2011


宝塚記念2<トラコミュ>
第52回 宝塚記念(GI)
宝塚記念 データ分析
WIN5 攻略!WIN5

↓応援クリックお願いします。<(_ _)> ↓

にほんブログ村 競馬ブログ 三連単・三連複へ    人気ブログランキングへ   


 第52回宝塚記念は△アーネストリーがレコード勝ちで優勝、圧巻のレースでした。ナムラクレセントが速いペースで逃げていたので大丈夫か?と思いましたが後続を引き付けることなく突き放しての勝利だっただけに完勝といって良さそうです。
 デビュー以来最も重い馬体重だった▲ブエナビスタはまたしても届かずの2着。○エイシンフラッシュはアーネストリーを捕らえに言った分、ブエナビスタに差されたのは仕方がないかなぁ・・・
 今日も1/2馬身差の4着に無印ローズキングダムがやって来てました。もう一頭の無印、トゥザグローリーは13着と惨敗。別に両馬ともキライで外したわけではないんですが明暗が分かれましたね。心配なのがトゥザグローリー。考えてみれば有馬記念の頃から「使いすぎ」と言われていました。それが年を明けて重賞を2連勝しちゃったのでこの馬は「疲れ知らず」だと思ってました。心身共にしっかりケアをして立て直して欲しいですね。

第52回宝塚記念予想
レース結果
1着△アーネストリー
2着▲ブエナビスタ
3着◎エイシンフラッシュ
4着無ローズキングダム
5着○ルーラーシップ

△-▲で馬連1,660円、◎-△、▲でワイド690円、290円のみ的中

週初めに今回は印少な目で勝負しようと思っていたら検討を進めていくうちにブエナビスタに?が付いたのでひょっとしたらヒモ荒れもあるかなぁと要らぬ欲をかきました(笑)ナムラクレセントぐらいまでに印を抑えておけば3連単も的中できたんですが・・・ ちょっと今回の馬券は最悪の買い方でしたね~

6/26(日)WIN5予想

中山10R 鹿島特別
◎ニシノステディー6着 ○ゴールドバジリスク3着 ▲コパノカチーノ2着

阪神11R 尼崎ステークス
◎マゼラン1着 ○カワキタフウジン3着 ▲トモロポケット4着

中山11R 夏至ステークス
◎フィフスペトル1着 ○ダイシンプラン5着 ▲オペラブラーボ2着

函館11R 函館日刊スポーツ杯
◎エスカーダ3着 ○ティムガッド2着 ▲ローブドゥルール9着

阪神11R 宝塚記念
◎エイシンフラッシュ3着 ○ルーラーシップ5着 ▲ブエナビスタ2着

今回のWIN5は◎2勝のみでした。そして遂にキャリーオーバーが発生!来週は売り上げが格段に上がりそうですね

閲覧ありがとうございました♪ 応援、お願いします<(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ  

◎相互リンクは随時募集中です♪
詳細はコチラから♪

宝塚記念2<トラコミュ>
第52回 宝塚記念(GI)
宝塚記念 データ分析
WIN5 攻略!WIN5

↓応援クリックお願いします。<(_ _)> ↓

にほんブログ村 競馬ブログ 三連単・三連複へ    人気ブログランキングへ   


第52回宝塚記念の予想です。心配された馬場も良馬場で行われそうな感じですね。この梅雨時期にパンパンの良馬場で開催されるのは珍しい事でこれを幸運として浮上してくる馬が現れるのか気になるところです。

今週は宝塚記念だけに絞って検討してきましたが先入観がないところから初めて自分の中で軸馬候補を絞ってきました。珍しくオッズにも惑わされる事もありませんでしたので◎○▲の軸は前記事のまんまです^^ 順番が入れ替わることはあってもおそらく1~3人気の馬なのであまり面白い予想にはなりませんでした
◎エイシンフラッシュ
エイシンフラッシュ 昨年の秋が不振だったのに対し今年に入ってからは緩やかに調子が上向いている感じですね。それが(私の中では)王道の阪神開催G2の前哨戦→天皇賞(春)→宝塚記念というステップを踏んでのものだけにここを最終目標にしてきた感じがありありです。気になるのはやはり鞍上がテン乗りでどうかというぐらいでしょうか。3ヶ月ぶりの皐月賞で3着に好走し、そのままダービーを制した素質馬だけに過程が順調な今回はGP制覇も充分期待できそうです。

○ルーラーシップ
ルーラーシップ◎とは対象的に前走でド派手な勝ち方をして急上昇。コース適性が疑問視されていますがメジロライアン以来の宝塚記念制覇に燃える横山Jが上手いこと乗ってくれるんじゃないでしょうか。能力は4歳馬の中では抜けているので人馬が噛み合えばこのメンバーでも圧勝というところまでありそうです。

▲ブエナビスタ
ブエナビスタ 馬はキッチリ走っているのに何故か勝てないことが続いたことでトーンダウンした感じはあります。それでもドバイWC以外はトップレベルのパフォーマンスを見せ続けてくれてますし。今回のメンバーの中では絶対的な存在とは言えないまでもこの馬を上回る馬は他には見当たりません。

△アーネストリー
アーネストリー 流れが向いたとしても勝ちきるまでは???という感じですがやはり叩いた効果は見込めそうです。ダンツフレームやツルマルボーイ、メイショウドトウなどグランプリレースにはこの手のいぶし銀的な馬も活躍しているので(応援込み)

×ナムラクレセント・・・阪神の重賞は得意なので
×ハートビートソング・・・まだ底を見せてない感じ
×トーセンジョーダン・・・5頭も出てたら1頭ぐらいは馬券に絡む?

ローズキングダムは良馬場でもどうでしょうか。トゥザグローリーは前走の大敗はいい加減使われすぎてストレスが溜まったのでは?と勝手に推測。タフだ、大器だと言われても生き物ですからね~ 

3連単
2頭軸マルチ
◎○→▲△
フォーメーション
◎○▲→◎○▲→◎○△× 合計38点
馬連BOX
◎○▲△ 6点
馬単
◎→○▲△ 3点
ワイド
◎-○▲△× 6点
3連複
◎○-▲△× 5点
単勝
 1点

たまには本線決着も期待♪
◎→○→▲あたりを気持ち厚めに♪ 

このレースは3連単発売開始以降は100倍以下の平穏決着は無いんですよね。そろそろ出る頃かも^^

閲覧ありがとうございました♪ 応援、お願いします<(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ  

◎相互リンクは随時募集中です♪
詳細はコチラから♪

宝塚記念2<トラコミュ>
第52回 宝塚記念(GI)
宝塚記念 データ分析
WIN5 攻略!WIN5

↓応援クリックお願いします。<(_ _)> ↓

にほんブログ村 競馬ブログ 三連単・三連複へ    人気ブログランキングへ   


宝塚記念のCMでサイレンススズカが再び脚光を浴びていますが、私にとってはもう一頭思い出深いお馬さんが2001年のメイショウドトウ。地味~なお馬さんなのでサイレンススズカのように再び脚光を浴びることはないでしょうけど。

でもこの馬は面白い成績を残してます。同じ相手にG1で5回連続の2着という珍記録。その相手というのがG17勝の名馬テイエムオペラオー。

その成績は

2000年 宝塚記念 クビ差2着 (河内洋騎手) 単23.0倍
2000年 天皇賞(秋) 0.4差2着 (的場均騎手) 単4.4倍
2000年 ジャパンカップ クビ差2着 (安田康彦騎手) 単16.1倍
2000年 有馬記念 ハナ差2着(安田康彦騎手) 単6.8倍
2001年 天皇賞(春) 0.1差2着(安田康彦騎手) 単6.5倍


そして次の宝塚記念でようやくメイショウドトウはテイエムオペラオーに一矢報いることになります。この年の出走頭数はわずか12頭、しかも完全に2強だった事も手伝ってテイエムオペラオーとの馬連はわずか240円!もう完全にセットみたいになってますね(笑)
メイショウドトウ WikipediaによるとJC、有馬記念、天皇賞(春)と立て続けにテイエムオペラオーに負け続けたことで安田康彦騎手はこのレースで負けたらメイショウドトウからの降板を自ら申し出るつもりだったようです。今だったら即外国人騎手に乗り替りだったんでしょうけど安田康彦騎手の背水の陣で目の上のタンコブである存在のテイエムオペラオーを撃破したことは素晴らしいですね。1年前はオペラオーが1.7倍に対して23.0倍だったオッズも1年後は1.5-3.4倍とぐ~んと縮まりました。 「今度こそはとず~っと応援し続けたファンも素晴らしいと思います^^

 メイショウドトウ全成績 2001年宝塚記念全成績


前置きの方が長くなりました(笑)

これまでに記載した項目から宝塚記念の出走各馬の総合評価を行いました。ブログ的に面白い評価はあまりありません(笑)

A評価
エイシンフラッシュ ルーラーシップ
私のイメージの中では阪神G2→天皇賞(春)上位着順の王道ステップを進んできたエイシンフラッシュが好印象。ルーラーシップの前走は圧巻でしたが私の中では「前走で「ド派手なパフフォーマンスを見せた馬」ってちょっと割り引きしたくなるんですよね~

B評価
ブエナビスタ アーネストリー ナムラクレセント
国内レースでは馬券を外していないブエナビスタがこんなところにいるのはおかしいんですが全体的に何となくトーンダウンしている感じに見えるんですよね。気のせいかもしれませんが。四角で前にいそうなナムラクレセント、アーネストリーはやはり前残りを警戒かなぁ・・・

C評価
アサクサキングス ハートビートソング ローズキングダム
ドリームジャーニー ダノンヨーヨー トーセンジョーダン
トゥザグローリー ビートブラック

全6頭のG1ホースの内3頭がこんなところに・・・(汗) 全部切るのは怖いなぁ・・・

D評価
フォゲッタブル シンゲン トレイルブレイザー
ここは妥当な感じだと思います。


☆参考:出走馬16頭の前2走☆
出走馬の近走

☆参考:出走馬16頭のG1・重賞実績☆
出走馬の重賞実績

☆出走各馬の総合評価☆
出走各馬の評価


閲覧ありがとうございました♪ 応援、お願いします<(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ  

◎相互リンクは随時募集中です♪
詳細はコチラから♪

宝塚記念2<トラコミュ>
第52回 宝塚記念(GI)
宝塚記念 データ分析
WIN5 攻略!WIN5

↓応援クリックお願いします。<(_ _)> ↓

にほんブログ村 競馬ブログ 三連単・三連複へ    人気ブログランキングへ   


今週の重賞は宝塚記念1レースのみということで関連する記事は今回が7回目の投稿になります。この後夕方ぐらいには傾向からの出走馬の評価を行い、レース当日午前中に最終予想という形になります。いつも最後にはオッズに惑わされて「一週間は何だったんだ!」という事も珍しくありませんが最終予想はどうなるんでしょうね~

各陣営からのコメントから私なりの解釈をしてみます。

 あきらかにトーンダウンの陣営はフォゲッタブル、アサクサキングス、シンゲンあたりでしょうか。そしてトーンダウンまではいかなくても不安点を口にするのは「良馬場希望」のロースキングダム、日経杯に比べて「覇気がない」トゥザグローリー。ともに5人気以内に入りそうな馬なのでちょっと気になりますね。

 逆に「勝ち負け」までは口にしないものの自信がありそうなのは「過去を含めて一番いいデキ」のアーネストリー、天皇賞(春)より感触が良さそうなエイシンフラッシュ、本格化のルーラーシップあたりまででしょうか。

 微妙に感じるのはブエナビスタの松田博厩舎。コメント自体は何の問題もない内容なんですが、昨秋の天皇賞~有馬記念の頃のような「普通に回ってくれば結果は付いてくる」といった自信に漲ったコメントは今年になってありません。惜敗が続いたこともあるんでしょうけど現4歳世代の強さと勢いを認めているんでしょう。少なくとも「絶対」と言えるまでの存在ではなくなってきた感じですね。

ナムラクレセント
「少し時計は要したが伸びがよかったし、これなら満足。前走はたまたま出遅れたが、ゲートは心配無いので今度は好位置で運べると思う。ジョッキーもこの馬を手の内に入れているし、距離も問題ナシ。多少馬場が渋っても問題ないからね」(福島調教師)。

アーネストリー
「追い切りの動きは文句ナシ。前走が一追い欲しい状態、しかも道悪馬場で厳しい競馬だったけど3着と善戦してくれたからね。幸い反動もなくすぐに馬場入りできたし、今は過去を含め一番いいデキだと思う。4歳馬との比較はつかないけど、稍重までならいい勝負になると思うよ」(佐々木晶三調教師)。

ルーラーシップ
「今日は調教駆けする馬を相手にシッカリ伸びてくれたし、動きもよかったですよ。前走後のダメージもなく、ここまで順調に調整ができましたから。ゲートの方も練習をしてきたのでもう大丈夫。ここにきてスッカリ本格化してきたし、あとは自分のリズムで走れれば」(角居調教師)。

エイシンフラッシュ
「予定通りの追い切りができたし、動きも上々。前回の厳しい競馬にも我慢してくれたし、今は肉体・精神の両面の成長が窺えるからね。条件的には今回の方がこの馬に向いているし、最大目標としてきたレース。いい結果を、と思っている」(藤原英昭調教師)。

フォゲッタブル
「乗り手の指示に反抗するので、それを考えての調整。それでも以前に比べれば大分マシになってきたけどね。過去に重賞を2勝している馬だし、集中して走ればもっとやれていいと思う。ただ、距離はもう少しあった方がいいかも」(池江泰寿調教師)。

アサクサキングス
「2週続けてビシッと追い切れたし、前走よりシボれた体で出走できると思います。今回は長期の休養明け。さすがにいい頃に比べるともう一つかもしれないけど、馬場が渋るのはいいかも。相手は揃っているけど頑張って欲しいですね」(寺島調教助手)。

ハートビートソング
「今日の追い切りは完璧といえる内容。いい状態でレースに臨めるよ。ここにきて体がシッカリしてきたし、実績では見劣るかもしれないけど、能力ではそれほど差はないと思うので」(平田調教師)。

ブエナビスタ
「追い切りの時点から気負っていた前走と違い、今回はリラックスしているだけでもえらい違い。最近の中では一番いいんじゃないか。今回はモタレるところもなかったしね。距離の延長もいいし、信頼して送り出せる今回は是非、ファンの期待に応えたいと思う」(松田博資調教師)。

ロースキングダム
「前走は折り合いを欠いたことが全て。距離はむしろこのくらいの方がいいと思うし、鞍上の手替わりで新味が出てくれれば、とは思っているんだ。ただ心配なのは瞬発力勝負の馬だから、馬場が気になるね。良馬場でできれば切れ負けすることはないと思う」(橋口調教師)。

ドリームジャーニー
「この中間は球節の不安がないのでコースでしっかり追うことができた。坂路だけと違って今回は息の方もできているからね。状態は昨年よりいいと思うし、今回が最後くらいの気持ちで仕上げてきたワケだから、是非、いい結果を出して欲しいと思っている」(池江泰寿調教師)。

ダノンヨーヨー
「追い切りは動く馬だけど、それにしてもよかったね。前走は出遅れを挽回しようとジョッキーが仕掛けたことで馬が走る気をなくした感じ。その点、今回の距離はゆったり運べるし、折り合いも問題ないと思う。ただ、相手は手強いけどね」(音無調教師)。

シンゲン
「前走後は放牧先で骨折したがスッカリ完治。この中間も手加減をせずにビシビシ追ってきたので仕上がりはいいよ。元々ポン駆けも利く馬だからね。さすがに休み明けでこの相手は厳しいけど、たった1頭の関東馬として意地を見せて欲しいね」(戸田調教師)。

トーセンジョーダン
「今日は併走馬を追いかける形。ラストの1ハロンで並び、そして抜くというスタイル。前走後は筋肉を痛めて放牧に出していたが、その後は順調に乗り込んできたし、太め感もなくいい仕上がり。素質の高い馬だし、この相手でも格好は付けてくれると思うけどね」(池江泰寿調教師)。

トゥザグローリー
「前走は若さを出した感じ。前走後は短期放牧に出し、リフレッシュを図ったが、どうも暑い時季はよくないのか、日経賞当時に比べると覇気が今一つ。距離短縮はいいと思うので、今回はこの馬の地力に期待したい」(池江泰寿調教師)。

トレイルブレイザー
「今日は併せた相手を追いかける形で最後の1ハロンを追う調教。動きがよかったし、追い切りの内容としては満足。ただ、今回は相手が相手。その辺りが課題になるだろうね」(池江泰寿調教師)。

ビートブラック
「前走はレースのアヤで外に出すタイミングが遅れたことが全て。この中間も順調だし、コース相性がいい阪神。一雨降って馬場が渋るようなら出番があっても……と思っている」(中村調教師)。



閲覧ありがとうございました♪ 応援、お願いします<(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ  

◎相互リンクは随時募集中です♪
詳細はコチラから♪

宝塚記念2<トラコミュ>
第52回 宝塚記念(GI)
宝塚記念 データ分析
WIN5 攻略!WIN5

↓応援クリックお願いします。<(_ _)> ↓

にほんブログ村 競馬ブログ 三連単・三連複へ    人気ブログランキングへ   


第52回宝塚記念の枠順が確定しました。
出馬表

登録のあった馬の中ではアンライバルド、キャプテントゥーレの名前がありませんね。最終的にG1馬は6頭が出走。先週のマーメイドSと同様に「何が何でもハナを切る」という逃げ馬が不在ですね。天皇賞と同様にナムラクレセントが逃げる事になるんでしょうか。

そのナムラクレセントは絶好とも言える1枠①番ゲートへ。今回はスタートを決めて絶好のポジションをキープしたいところ。前目に行きそうな馬ではアーネストリー、ルーラーシップ、ハートビートソングあたりまではスンナリ行けそうですが外目を引いたのはトゥザグローリー、ビートブラックの2頭。
JC以来の対決となるブエナビスタとローズキングダムが隣同士となりました。有馬記念も隣のゲートでしたよね。今回は有利・不利なく白黒を付けられそうです。
先行勢が内に固まったことでキレイなスタートになりそうです。あとは買った馬が大きく出遅れて悲鳴を上げることがなければいいのですが(汗)

気になるのが馬場コンディション先週のマーメイドSは最後に内から伸びてきたのは2着のブロードストリートのみで他は全滅といっていい結果でした。逃げ馬が不在で例年のような縦長の展開になるのかどうかも疑問で前の馬か中団以降の馬を狙った方がいいのか判断に悩みそうです。

調教後の馬体重

大きく変わったのはアサクサキングスの-16㌔。1年3ヶ月前の前走が+28㌔でしたから大幅に絞ってきた感じです。シンゲン以外は関西馬で移送で大きく変わることはなさそうなのであまり気にする必要は無さそうです。一番小柄なドリームジャーニーは前走の産経大阪杯から-6㌔の計量。宝塚記念優勝時は424㌔、有馬記念を勝った時が426㌔だったので心配無用かもしれませんが既に7歳で58㌔を背負っての出走はちょっと酷な感じもします。小柄なローズキングダムも好走したのは斤量が57㌔以下のレースばかりで58㌔のレースでは今一歩・・・馬場が悪化となると厳しいのかなぁという印象。

逆にG1制覇を目論むルーラーシップ、トゥザグローリーの馬体重増はどんどん力を付けているかのような印象を受けますね。

閲覧ありがとうございました♪ 応援、お願いします<(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ  

◎相互リンクは随時募集中です♪
詳細はコチラから♪

このページのトップヘ