やはり勝負は3連単!~競馬予想~

ハイリターンを求めて2017年も奮闘中です
中央・地方の重賞レースを中心に検証、予想します。

タグ:京都大賞典2014


<トラコミュ>
京都大賞典京都大賞典(2014)
マイルチャンピオンシップ
南部杯(2014)

秋華賞(2014)

人気ブログランキングへ

10/13(月・祝) 京都11R(WIN5対象) 第49回京都大賞典(G2) 芝2400m

↓応援クリックお願いします。<(_ _)> ↓
にほんブログ村 競馬ブログ 三連単・三連複へ 
◆関連記事◆
・過去10年間の1-3着馬とデータ/傾向
・出走登録馬の考察と印象
・過去10年間の1-3着馬の前走成績など
・確定した枠順と展望
・陣営のコメント/TM追い切り診断(動画)

京都大賞典の予想ですლ(๏‿๏ ◝ლ

天候が心配ですね~ 天皇賞へのステップレースというメンバーでもないんですが、このレースがもし順延となるとエリザベス女王杯を睨むメイショウマンボフーラブライドあたりはスケジュール調整が難しくなりそうです。

例年通りの良馬場なら京都無双のトーセンラー本命でいいと思うんですが、基本的には良馬場でこそのタイプ。稍重もこなせる程度なのでそうなると58㌔が多少影響しそうな感じ。

ラストインパクトちょっと迷いましたが本命◎は6枠7番のラストインパクト この馬もどちらかと言えば良馬場がいいんでしょうけど菊花賞4着の実績からそう大きく割り引く必要は無さそう。良馬場でのキレ勝負なら別ですけど馬場が渋っての持久力勝負ならアタマもあるんじゃないかなぁと。

毎日王冠は夏場に使われていた馬が好走しましたし、徐々に状態が上がってきている点も強調材料。

とりあえず、相手は〇メイショウマンボ
馬場が渋れば当然ここは勝ち負け。ただ、やはり叩いて変わる馬なのかなぁとも。

3番手は▲トーセンラー
土曜日の武豊Jは神がかってましたし、人馬ともに京都は庭(笑)

4番手もちょっと悩みましたが前々で立ち回れる☆人気ブログランキングへへ。
強くはないけど弱くもない馬。適性もサッパリわかりませんが、とりあえず京都実績が高いので持久力勝負になれば案外やれるんじゃないかと。相手なりの所もありますしね。

昨年の勝ち馬の△ヒットザターゲットは宝塚記念4着。地味に力を付けてきましたし、岩田くんへのスイッチも不気味。

△フーラブライドは別定戦でこの相手だとちょっと一枚落ちる感じもしますが、なんかこの馬はどんどん馬体が逞しくなってきてますね。

予想印
◎ラストインパクト
〇メイショウマンボ
▲トーセンラー
人気ブログランキングへ
△ヒットザターゲット
△フーラブライド


*伏せた馬名などの確認方法はコチラから


買い目は暫定
3連単F ◎⇔〇▲→☆△ 16点
3連単F ◎→☆△→〇▲ 6点 あたりで考えてます(^_^;)

にほんブログ村 トラコミュ 京都大賞典(2014)へ京都大賞典(2014)
にほんブログ村 トラコミュ 京都大賞典 データ分析へ京都大賞典 データ分析


閲覧有難うございました♪ 応援、お願いします<(_ _)>

にほんブログ村 競馬ブログ 三連単・三連複へ 

【PR】

競馬予想って本当に当たるの?

最近WEBでもブログでも週刊誌でもやたらと見かける競馬予想会社ってどう思います?

数年前に某予想会社にて6万円の情報を買ってみたことがあります…

結果は当然ハズレました!巧妙な言葉につい騙されました。
カスリもしないとは。

6万円があれば色んな物が買えただろうに…(T_T)

しかし最近になってやたらと「予想会社の情報で儲けた!」「勝った!」という記事を見かけるので「本当に当たる会社も中にはあるのか?」とレビューやら口コミを漁って使えそうなサイトに登録を繰り返し、検証に検証を重ねました!

有料の所はパス!
>>>(価値あるものにしか金は出さん!)


電話番号の出てない会社もパス!
>>>(情報が貰えなかった経験を無駄にはせん!)

で、色々試して実際に安定して稼げたのがコチラ
700

競馬予想会社というと胡散臭さ満点だけど、中には本当に当たる会社もあるっていうことがわかったのが今回の収穫。

的中実績・買い目等は
>>>コチラからご確認下さい^^

<トラコミュ>
京都大賞典毎日王冠(2014)
京都大賞典(2014)
秋華賞(2014)

人気ブログランキングへ

10/13(月・祝) 京都11R(WIN5対象) 第49回京都大賞典(G2) 芝2400m

↓応援クリックお願いします。<(_ _)> ↓
にほんブログ村 競馬ブログ 三連単・三連複へ 

京都大賞典:現時点での本命候補⇒人気ブログランキングへ
(ランクUPにご協力下さいლ(๏‿๏ ◝ლ)

*伏せた馬名などの確認方法はコチラから



【京都大賞典 過去10年間の1着馬の前走】
1着馬2

【京都大賞典 過去10年間の2着馬の前走】
2着馬2

【京都大賞典 過去10年間の3着馬の前走】
3着馬2
*画像はクリックしてください*
☆休み明け
休み明け
☆前走からの間隔
間隔
☆前走:クラス
クラス
活躍が目立つのはやはり前走G1組。好走率でも【5-5-3-21】と他をリード。非重賞組は出走数が少ない事もありますがかなりの苦戦傾向です。
☆前走:レース名
レース名
前走特に目立つステップはありませんが宝塚記念からの臨戦馬は【3-3-1-9】と好走率で断然。近年はG1G2と格の高いレースからの臨戦馬が上位を独占していますね。

>>>前走:レース名詳細へ

☆前走:距離
距離
☆前走:人気・着順
前走:人気
前走:着順
着差で大きく負けていた馬が巻き返すケースが多く見られますが、全てG2・G1でのもの。G3以下のクラスからの臨戦馬は全て0.5差以内で収まっていますので下級クラスからなら前走好走馬を狙うのが妥当です。
☆年内実績
年内実績
年内に重賞を勝っていた馬はそれほど多くありませんが、3着以内ぐらいの実績は欲しいところです。G1で好走していた馬はそう多くありませんが、出走していた馬は全体の6割を占めています。


【京都大賞典 過去10年間の3着馬の重賞実績】
1着馬3

【京都大賞典 過去10年間の3着馬の重賞実績】
2着馬3

【京都大賞典 過去10年間の3着馬の重賞実績】
3着馬3
*画像はクリックしてください*
☆重賞実績
重賞実績
優勝馬の70%、3着以内馬の63.3%がG1又はG2で優勝した実績の持ち主。重賞未勝利馬も1/3と割と活躍していますが、その8割以上がG2以上のレースで好走した経歴アリ。それなりに格は重視した方が良さそうです。G1好走馬が連対馬に占める割合も高め。
重賞距離実績
京都重賞

その重賞での距離・京都実績も重視した方が良さそう。
にほんブログ村 トラコミュ 京都大賞典(2014)へ京都大賞典(2014)
にほんブログ村 トラコミュ 京都大賞典 データ分析へ京都大賞典 データ分析


閲覧有難うございました♪ 応援、お願いします<(_ _)>

にほんブログ村 競馬ブログ 三連単・三連複へ 

【PR】

今回、ご紹介させて頂いてるサイトは業界では有名なサイトです。


なぜ有名なのかと言うと...誰でも簡単に利益を出せる確率が“異常に高い”からです。

何だかんだ言っても、結局は利益が全てですよね。

重ね重ねになりますが、その驚きの情報が今なら“完全無料”です。


つまり、完全無料で「本当の情報かどうか?」を試せると言うことです。

この無料情報で的中する事が出来なければ二度と誰にも相手にしてもらえません。

裏を返せば自信があるからこそ、全ての情報を無料で公開できるのです。


▼▼▼どうぞ、大いにご期待下さい!▼▼▼

700

毎日王冠<トラコミュ>
毎日王冠(2014)
京都大賞典(2014)
いちょうS(2014)
京都大賞典秋華賞(2014)

人気ブログランキングへ

10/12(日) 東京第65回毎日王冠(G2) 10/13(月・祝) 京都第49回京都大賞典(G2)
↓応援クリックお願いします。<(_ _)> ↓
にほんブログ村 競馬ブログ 三連単・三連複へ 

にほんブログ村 トラコミュ 毎日王冠(2014)へ毎日王冠(2014)

イケドラゴン56.0 ウインマーレライ54.0 エアソミュール56.0
グランデッツァ56.0 グレートチャールズ56.0 サトノスパークル54.0
サンレイレーザー56.0 シゲルササグリ56.0 スピルバーグ56.0
ダイワファルコン56.0 ダイワマッジョーレ56.0 ダノンヨーヨー56.0
ダークシャドウ56.0 ディサイファ56.0 ペルーサ56.0
マコトブリジャール54.0 ミッキードリーム56.0 ロゴタイプ57.0
ロサギガンティア55.0 ワールドエース57.0

ワールドエース1人気になりそうなのがワールドエース。復帰2戦目のマイラーズCで初のマイル戦をクリア。開幕週でも3歳時よりは前でレースが出来そうですし、2戦2勝の得意距離。不安材料があまり見当たりませんね。



同じディープインパクト産駒のディサイファはエプソムC以来4か月ぶり。2着に負かしたマイネルラクリマがオールカマーを勝ったことでこの馬も高い評価を受ける事になりそうです。3戦3勝とこの条件は無敗。

2011年の勝ち馬のダークシャドウはここ2戦が好内容で復調気配。年齢面でどうかと思いますが、今回は56㌔での出走。軽視できない感じになってきましたね。

ここ2戦が惨敗続きのグランデッツァですが、4勝全てが1800m。ロゴタイプもこれぐらいの距離の方がレースはしやすいかも。開幕週で良馬場なら。

東京専用機と化しているスピルバーグは同コースで3連勝。3歳時にゴールドシップ・ディープブリランテと差のないレースをしていた素質馬が本格化してきましたね

エアソミュールあたりも気になりますが、過去データから好走率が高いのは3歳馬。ウインマーレライロサギガンティアあたりから入る手もありそうです。

混戦メンバーですが今のところ人気ブログランキングへが妥当かなぁと考えてます。

にほんブログ村 トラコミュ 京都大賞典(2014)へ京都大賞典(2014)

ヴィクトリースター56.0 コウエイオトメ54.0 シゲルササグリ56.0
スピリタス56.0 タマモベストプレイ56.0 デスペラード57.0
トゥザグローリー56.0 トーセンラー58.0 ヒットザターゲット57.0
プレティオラス56.0 フーラブライド54.0 メイショウマンボ55.0
ラストインパクト56.0

こちらは登録の段階で13頭と少なめですね。

トーセンラー京都でこそのトーセンラーは58㌔での出走。安田記念で大きく減らした体重が戻っているか心配ですが、斤量自体はG1で好走しているのでクリアできそう。休み明けも走りますしね。



平坦なコースが得意なラストインパクトは56㌔が魅力。

メイショウマンボも当然侮れない存在ですが、ローズS・大阪杯と休み明けは今ひとつ。叩いてからというタイプにも思えます。

昨年は惨敗のデスペラードですが、京都外回りで3勝している実績は侮れず。

ヒットザターゲットは今年も一発狙ってそうで怖いですね(^_^;)

フーラブライドも侮れない存在になってきましたが、このメンバーを相手に54㌔でどこまでやれるのか注目です。

こちらも順当に人気ブログランキングへでいいかなぁと思ってますが、ここ2年が波乱続きのレース。

少頭数ほど荒れると言いますしね(^_^;)(^_^;)

いちょうステークスは枠がメンバー・枠順が確定してから考えます。

ほぼ直感での予想になりそうですけど^^

閲覧有難うございました♪ 応援、お願いします<(_ _)>

にほんブログ村 競馬ブログ 三連単・三連複へ 

【PR】

競馬予想って本当に当たるの?

最近WEBでもブログでも週刊誌でもやたらと見かける競馬予想会社ってどう思います?

数年前に某予想会社にて6万円の情報を買ってみたことがあります…

結果は当然ハズレました!巧妙な言葉につい騙されました。
カスリもしないとは。

6万円があれば色んな物が買えただろうに…(T_T)

しかし最近になってやたらと「予想会社の情報で儲けた!」「勝った!」という記事を見かけるので「本当に当たる会社も中にはあるのか?」とレビューやら口コミを漁って使えそうなサイトに登録を繰り返し、検証に検証を重ねました!

有料の所はパス!
>>>(価値あるものにしか金は出さん!)


電話番号の出てない会社もパス!
>>>(情報が貰えなかった経験を無駄にはせん!)

で、色々試して実際に安定して稼げたのがコチラ
700

競馬予想会社というと胡散臭さ満点だけど、中には本当に当たる会社もあるっていうことがわかったのが今回の収穫。

的中実績・買い目等は
>>>コチラからご確認下さい^^

<トラコミュ>
京都大賞典毎日王冠(2014)
京都大賞典(2014)
秋華賞(2014)

人気ブログランキングへ

10/13(月・祝) 京都11R(WIN5対象) 第49回京都大賞典(G2) 芝2400m

↓応援クリックお願いします。<(_ _)> ↓
にほんブログ村 競馬ブログ 三連単・三連複へ 

京都大賞典:現時点での本命候補⇒人気ブログランキングへ
(ランクUPにご協力下さいლ(๏‿๏ ◝ლ)

*伏せた馬名などの確認方法はコチラから

JRAのデータ分析では
☆同年の戦績に注目!
☆“末脚”を重視せよ!
☆若い馬が優勢!
☆年齢と同年の戦績をチェック!
といったレース傾向を挙げています。

【京都大賞典 過去10年間の1着馬】
1着馬

【京都大賞典 過去10年間の2着馬】
2着馬

【京都大賞典 過去10年間の3着馬】
3着馬
*画像はクリックしてください*
☆人気
人気
ここ2年は5人気のメイショウカンパク、11人気のヒットザターゲットと人気薄の馬が優勝していますが、それ以外は割と平穏。1・2人気の3着以内率は共に50%とそこまで信頼度が高くありません。2-3着には中穴人気の食い込みが多いですが、大穴の激走は殆ど見られず。
単勝オッズ別実績

単勝オッズ別では30.0倍以上の馬は【1-2-0-43】 昨年のヒットザターゲットはかなりレアなケースなので狙っても中穴ぐらいが妥当な線。
☆3連単配当
3連単配当
前述の1・2人気はどちらか一方が馬券に絡んでいるという感じです。ここ2年の波乱傾向は気になりますが、全体的に見ればヒモ荒れ傾向。フォーメーションで良さそうです。
☆性齢
牲齢
優勝馬の8割が5歳馬で中心はこの世代。7歳馬の健闘も見られますが、基本的には若い馬が中心と言えそうです。数は少ないですが牝馬の好走率は牡馬を上回っていますね。
☆重量
重量
56㌔の馬の優勝が4回ありますが、その内の2回は牝馬によるもの。58㌔の馬の優勝はありませんが、基本的には57㌔以上の実績馬が中心。今年はデスペラード・ヒットザターゲット・トーセンラーの3頭が該当。
☆所属
所属
☆脚質
脚質
10年間の間に前目でレースをして押し切ったのは2011年のローズキングダムのみ。逃げた馬は1頭も馬券に絡まず、前目でレースを進めた馬は2-3着どまり。速い上がりが使える差し追込み馬が中心。
☆枠順
枠番実績
勝ち馬は外寄りの枠に集中していますが、全体的にはフラット。少頭数の年が多いのであまり内・外に偏りが見られません。
【京都芝2400m・外】
京都芝2400m
 スタートはポケットというより外回りの4コーナーを外に拡張した広場のようなもの。1コーナーまでの距離は600m近くある。だいたいゴール板を越えるあたりで位置取りが決まり、1コーナーに入るまでにはペースが落ち着く。通常はここで一息入るため、芝2200mに比べて前有利になる。

大抵はスローで流れ、極端に速い上がりの勝負。他条件に比べれば差し馬が優勢だが、ペースによっては強い差し馬でも前の馬に追いつかないことがしばしばある。ただし、スタート後の直線が長いため、競り合えばいくらでも前が速くなる。よって典型的な逃げ馬が2頭以上いるかどうかは気にしたいところ。展開、馬場状態によって結果がガラッと変わる難解なコースである。

Point
・スローペースからの上がり勝負になりやすい
・逃げ馬が2頭以上いる場合は競り合ってハイペースになることも
・京都芝2200mに比べて前が有利

OPクラス実績(勝ち馬実績)
逃げ0.0% 先行33.3% 差し50.0% 追込16.7%
※集計は09.10.10〜12.05.27

~特注種牡馬~
[フジキセキ:3-2-1-4/10]
勝率30.0%、連対率50.0%、複勝率60.0% 単回値202、複回値124

[ネオユニヴァース:3-1-0-4/8]
勝率37.5%、連対率50.0%、複勝率50.0% 単回値202、複回値101

[ディープインパクト:6-5-4-11/26]
勝率23.1%、連対率42.3%、複勝率57.7% 単回値114、複回値118

にほんブログ村 トラコミュ 京都大賞典(2014)へ京都大賞典(2014)
にほんブログ村 トラコミュ 京都大賞典 データ分析へ京都大賞典 データ分析


閲覧有難うございました♪ 応援、お願いします<(_ _)>

にほんブログ村 競馬ブログ 三連単・三連複へ 

【PR】

今回、ご紹介させて頂いてるサイトは業界では有名なサイトです。


なぜ有名なのかと言うと...誰でも簡単に利益を出せる確率が“異常に高い”からです。

何だかんだ言っても、結局は利益が全てですよね。

重ね重ねになりますが、その驚きの情報が今なら“完全無料”です。


つまり、完全無料で「本当の情報かどうか?」を試せると言うことです。

この無料情報で的中する事が出来なければ二度と誰にも相手にしてもらえません。

裏を返せば自信があるからこそ、全ての情報を無料で公開できるのです。


▼▼▼どうぞ、大いにご期待下さい!▼▼▼

700

このページのトップヘ