10/24(土) 東京11R
第18回富士ステークス(G3) 芝1600m

ハンデ戦でもないのに波乱続きの東京マイル戦(^_^;)

翌日の菊花賞も難解ですが、毎年のように悩ましい重賞ですが、今年はどんな荒れ方をするんでしょうね~

何らかの形で当てて菊花賞に臨みたいものです(笑)
富士Sの注目馬⇒人気ブログランキングへ
(ランクUPにご協力下さいლ(๏‿๏ ◝ლ)

*伏せた馬名などの確認方法はコチラから

とりあえず、この面子なら人気になる事は無さそう(^_^;)

◆過去10年間の1着馬
富士S 1着馬
2着馬
3着馬
近5年間の1-3着馬の血統

*以下、マークはデータ画像へのリンクです*

<トラコミュ>
富士S(2015) 富士S データ分析

☆人気別実績
人気1着 構成1-2着構成1-3着構成
1人気220.0%210.0%413.3%
2人気220.0%315.0%310.0%
3人気110.0%210.0%26.7%
4人気220.0%210.0%26.7%
1~4人気770.0%945.0%1136.7%
5~9人気220.0%630.0%1033.3%
10人気~110.0%525.0%930.0%
1着馬に関しては1~4人気の馬で7勝とソコソコ堅め。但し、2・3着は人気薄の食い込みが多く、2ケタ人気の激走もかなり多め。基本的には2・3着ヒモ荒れ傾向。


◆単勝オッズ別実績
単勝オッズ 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
2.0~ 2.9 1- 0- 0- 2/ 333.3%33.3%33.3%8050
3.0~ 3.9 0- 0- 2- 2/ 40.0%0.0%50.0%080
4.0~ 4.9 1- 1- 0- 4/ 616.7%33.3%33.3%6861
5.0~ 6.9 3- 1- 0- 8/ 1225.0%33.3%33.3%14485
7.0~ 9.9 1- 0- 1- 14/ 166.3%6.3%12.5%5141
10.0~14.9 3- 3- 2- 25/ 339.1%18.2%24.2%10193
15.0~19.9 0- 0- 1- 6/ 70.0%0.0%14.3%080
20.0~29.9 0- 2- 0- 17/ 190.0%10.5%10.5%072
30.0~49.9 0- 2- 0- 16/ 180.0%11.1%11.1%094
50.0~99.9 1- 1- 4- 19/ 254.0%8.0%24.0%300372
100.0~ 0- 0- 0- 28/ 280.0%0.0%0.0%00
1桁のオッズ帯の馬の3着以内率の殆どが4割以下とかなり低調。勝ち馬の9/10が15倍未満の馬なので冷静に考えるとこのあたりを軸にしたいところですが、今年は人気も割れそうなメンバーなので選択肢は逆に多くなるかも。50倍超えの馬の絡みもやけに多いようです。


☆3連単・3連複などの配当
富士S 3連単・3連複などの配当
3連系馬券はかなり手広く流さないと絶対ムリ(^_^;) 

☆牲齢別実績
牲別1着 勝率1-2着連対率1-3着複勝率出走数
牡・セ馬106.2%1911.7%2917.9%162
牝馬00.0%111.1%111.1%9

◆牡馬・セン馬
年齢 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
3歳 3- 1- 3- 29/ 368.3%11.1%19.4%70124
4歳 2- 1- 3- 12/ 1811.1%16.7%33.3%51115
5歳 3- 4- 2- 31/ 407.5%17.5%22.5%62114
6歳 0- 3- 1- 33/ 370.0%8.1%10.8%091
7歳 2- 0- 0- 20/ 229.1%9.1%9.1%36965
8歳 0- 0- 1- 7/ 80.0%0.0%12.5%0286


◆牝馬
年齢 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
3歳 0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%00
4歳 0- 1- 0- 1/ 20.0%50.0%50.0%0170
5歳 0- 0- 0- 3/ 30.0%0.0%0.0%00
6歳 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00
7歳 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00
7歳馬による一発はありますが、基本的には若い4・5歳馬が中心。
あまり信頼の置けない1・2・3人気ですが、年齢別にみると4歳馬の信頼度は高め。3・5・6歳馬あたりは凡走も多いようです。

◆参考データ 1・2・3人気馬の年齢別実績
年齢 着別度数 勝率連対率複勝率
3歳 1- 1- 0- 7/ 911.1%22.2%22.2%
4歳 2- 0- 1- 2/ 540.0%40.0%60.0%
5歳 1- 1- 0- 6/ 812.5%25.0%25.0%
6歳 0- 0- 1- 5/ 60.0%0.0%16.7%
7歳 1- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%50.0%


☆重量別実績

◆牡馬・セン馬
斤量 着別度数 勝率連対率複勝率
54kg 1- 0- 0- 4/ 520.0%20.0%20.0%
55kg 0- 1- 0- 2/ 30.0%33.3%33.3%
56kg 2- 1- 2- 6/1118.2%27.3%45.5%
57kg 2- 0- 0- 6/ 825.0%25.0%25.0%
58kg 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%
59kg 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%
58㌔を背負って出走したのは2011年のストロングリターン(2人気4着)のみ。3歳馬で57㌔を背負って出走した馬はいません。57㌔の馬で1~3人気だった馬は【2-0-0-6】勝率は高いものの凡走も多いようです。


◆牝馬
斤量 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
52kg 0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%00
54kg 0- 1- 0- 4/ 50.0%20.0%20.0%068
55kg 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00
56kg 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00


☆所属別実績
調教師分類 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
美浦 4- 6- 3- 68/ 814.9%12.3%16.0%4590
栗東 6- 4- 7- 70/ 876.9%11.5%19.5%119129
地方 0- 0- 0- 3/ 30.0%0.0%0.0%00


☆脚質別実績
脚質 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
逃げ 0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%00
先行 3- 4- 4- 31/ 427.1%16.7%26.2%52192
中団 7- 4- 3- 57/ 719.9%15.5%19.7%16791
後方 0- 2- 3- 43/ 480.0%4.2%10.4%082

コーナー通過順位
富士S コーナー通過順位
中団~後方の馬が断然の好成績。逃げて残った馬は一頭もいません。気になるのは先行していた馬の複回収値の高さ。2・3着にかなりの人気薄で残った馬が目立ちます(^_^;)
脚質上り 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
3F 1位 1- 2- 4- 8/ 156.7%20.0%46.7%27344
3F 2位 2- 0- 1- 6/ 922.2%22.2%33.3%124113
3F 3位 1- 1- 0- 7/ 911.1%22.2%22.2%835172
3F ~5位 3- 4- 2- 16/ 2512.0%28.0%36.0%78122
3F 6位~ 3- 3- 3-104/1132.7%5.3%8.0%2768


☆枠番別実績
枠番 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1枠 0- 1- 0-18/190.0%5.3%5.3%018
2枠 2- 1- 0-17/2010.0%15.0%15.0%97135
3枠 1- 0- 3-16/205.0%5.0%20.0%56128
4枠 0- 2- 0-18/200.0%10.0%10.0%055
5枠 2- 2- 1-15/2010.0%20.0%25.0%37180
6枠 2- 0- 2-16/2010.0%10.0%20.0%406141
7枠 1- 2- 4-18/254.0%12.0%28.0%16144
8枠 2- 2- 0-23/277.4%14.8%14.8%6366
馬番実績
勝ち馬は真ん中より外枠寄り。下記の通り、1~3人気での凡走が多いのは1~4枠。

参考:1~3人気のみの枠番別実績
枠番 着別度数 勝率連対率複勝率
1枠 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%
2枠 0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%
3枠 0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%
4枠 0- 0- 0- 6/ 60.0%0.0%0.0%
5枠 2- 1- 0- 2/ 540.0%60.0%60.0%
6枠 1- 0- 0- 2/ 333.3%33.3%33.3%
7枠 1- 0- 2- 2/ 520.0%20.0%60.0%
8枠 1- 1- 0- 2/ 425.0%50.0%50.0%
東京芝1600m
  コース関連については枠順確定後に別途掲載予定ですm(__)m
閲覧有難うございました♪ 応援、お願いします<(_ _)>
にほんブログ村 競馬ブログ 三連単・三連複へ 
【PR】

秋競馬は的中ヒットマンの好調教◎馬を狙え!

【G1】京都11R 第76回 菊花賞
牡馬クラシック最終戦、開幕!京都芝3000mコースというタフな舞台という事もあり、3冠レースの中でも『最も強い馬が勝つ』と言われる同レース。残念ながら2冠馬ドゥラメンテは戦線を離脱してしまったが、それでも最後の1冠に相応しいだけのメンバーが揃ったのは喜ばしい。新たなスターホースへと登り詰めるのはどの馬か注目だ!
300_250_free今週の重賞
菊花賞(G1)
富士S(G3)


調教◎はレース前日の夕方公開!

菊花賞の好調教◎馬
コチラから⇒ http://t-hitman.jp/ ※フリメでも登録可※