青葉賞2015<トラコミュ>
青葉賞(2015)
青葉賞 データ分析
今週の重賞All in One!

5/2(土) 東京11R(WIN5対象) 第22回青葉賞-ダービーTR- 芝2400m

↓応援クリックお願いします。<(_ _)>↓
にほんブログ村 競馬ブログ 三連単・三連複へ 
青葉賞の注目馬⇒人気ブログランキングへ
(ランクUPにご協力下さいლ(๏‿๏ ◝ლ)

*伏せた馬名などの確認方法はコチラから

JRAのデータ分析では
☆距離適性に注目
☆前走の人気がポイント
☆前走との間隔に注意
☆外めの枠に入った馬は割り引き
といったレース傾向を挙げています。

【青葉賞 過去10年間の1着馬】
青葉賞 1着馬

【青葉賞 過去10年間の2着馬】
青葉賞 2着馬

【青葉賞 過去10年間の3着馬】
青葉賞 3着馬

近5年間の1-3着馬の血統表
*画像はクリックしてください*

☆人気別実績
人気別実績
1人気は【5-1-1-3】と優秀な実績。ただ、2・3・4人気がやや不振傾向で上位人気トータル実績はイマイチ。ここ2年は伏兵馬が優勝していますが、全体的には1着は堅めで2~3着に中穴~大穴の食い込みが目立ちます。
単勝オッズ別実績
1人気で圏外に沈んだ3頭の内、2頭が3倍を超える馬。3倍未満の1人気で沈んだのは2013年のレッドレイヴン(1.8倍・11着)のみ。なぜか1頭も馬券に絡んでいないのが3.0~4.9倍のオッズ帯。好走率・回収値共にソコソコ高いのが10倍台前半の馬。
☆3連単・3連複配当
3連単・3連複配当
近年は伏兵の優勝が多く、配当はかなり高め。信頼度の高い1人気馬と伏兵の2軸マルチなんかが面白いかも。
☆所属別実績
所属別実績
数・率共に優秀なのは関西馬ですが、近年は状況が逆転。ここ5年で関東馬から4頭が優勝しています。
☆脚質別実績
脚質別実績

通過順位2013年のように前々の決着パターンもありますが、全体的には差し馬が好成績。逃げた馬は2頭しか絡んでいません。

←通過順位 クリックで拡大
☆枠番別実績
枠番別実績
7・8枠が不振傾向。1人気で圏外に沈んだ3頭中2頭が7枠ですし、ソコソコ人気を集めた馬がこれらの枠から結構沈んでいます。
馬番実績
【東京芝2400m】
東京芝2400m
 ダービー、オークス、ジャパンカップと、日本を代表する大レースが行われる舞台。2003年のリニューアルによって、スタート地点が坂の上りから平坦へ移動。そのため、以前よりも多少テンが速くなった。スタート後は、ゴール板を一度通過、コースを一周する。

“スローペースからの瞬発力勝負”というイメージが強い長距離戦だが、クラス、レースによっては緩みのない淡々としたラップで流れることも。平均を取ってみると、2000mよりも上がりがかかっており、瞬発力だけではなく、スタミナも併せ持っていることが好走の条件と言える。

東京芝コースに共通して言えることだが、逃げ馬の成績が一息で、差しが決まりやすい。長くいい脚を使える差し馬を狙うのが基本。
Point
・瞬発力とスタミナの両方が求められる
・長くいい脚を使える差し馬を狙うのが基本

3歳OPクラス実績(勝ち馬実績)
逃げ0.0% 先行20.0% 差し53.3% 追込26.7%
※集計は09~13年

~特注種牡馬~
[ハーツクライ:7-9-5-25/46]
勝率15.2%、連対率34.8%、複勝率45.7% 単回値126、複回値93

[ディープインパクト:13-6-8-49/76]
勝率17.1%、連対率25.0%、複勝率35.5% 単回値120、複回値94

[ゼンノロブロイ:11-2-6-34/53]
勝率20.8%、連対率24.5%、複勝率35.8% 単回値176、複回値126

にほんブログ村 トラコミュ 青葉賞(2015)へ青葉賞(2015)
にほんブログ村 トラコミュ 青葉賞 データ分析へ青葉賞 データ分析


閲覧有難うございました♪ 応援、お願いします<(_ _)>

にほんブログ村 競馬ブログ 三連単・三連複へ 

【PR】

今回、ご紹介させて頂いてるサイトは業界では有名なサイトです。


なぜ有名なのかと言うと...誰でも簡単に利益を出せる確率が“異常に高い”からです。

何だかんだ言っても、結局は利益が全てですよね。

重ね重ねになりますが、その驚きの情報が今なら“完全無料”です。


つまり、完全無料で「本当の情報かどうか?」を試せると言うことです。

この無料情報で的中する事が出来なければ二度と誰にも相手にしてもらえません。

裏を返せば自信があるからこそ、全ての情報を無料で公開できるのです。


▼▼▼どうぞ、大いにご期待下さい!▼▼▼

700